ビジネス | シンガポールの生活情報

シンガポールの生活情報 | ビジネス

ビジネス

オフィス 賃貸

シンガポールにおける建築関係の諸規制・商習慣は日本と大きく異なるため、専門の不動産仲介業者の協力は欠かせません。貸主の利益が手厚く保護されているのも特徴です
ビジネス

レンタル オフィス

低いコストで入居可能で短期契約も可能なレンタルオフィスは、シンガポールに進出する日系企業の間でも広く利用されています。入居当日から業務を始めることも可能です
ビジネス

起業

シンガポールでは100%外資での会社設立が可能なうえ、資本金も最低S$1からOK。登記のための諸手続きはオンラインでできるため、個人ですべてを行うことも可能です
ビジネス

企業向け 保険

労災保険や火災保険、賠償責任保険など、企業が保険を手配する必要があるのは日本と同様。企業のニーズに合わせて保障内容や保険金額などをアレンジすることも可能です
ビジネス

福利厚生

年間10~14日程度の有給休暇のほか、医療休暇も最大14日間まで取ることができます。医療手当は通院1回または年間費用の上限金額が設定されているのが一般的です
ビジネス

ビザ

代表的な長期就労許可証には、エンプロイメントパス、Sパス、起業家パスなどがあります。配偶者もディペンデントパスを保持していれば就労許可を得ることができます
ビジネス

雇用法

人材募集では国籍・言語・年齢・人種・宗教・性別などを限定する表現は罰則の対象です。外国人の雇用にあたっては政府運営の人材募集サイトに広告を掲載の必要があります
ビジネス

現地採用

本社採用(主に駐在員)との比較として使われる言葉。給与や待遇麺では本社採用に比べると劣りますが、転職が自由で就労希望の国を選択できるメリットがあります
ビジネス

就職活動

自身で直接企業へ問い合わせることもできますが、現地の人材紹介会社を利用すれば、より効率的な就職活動ができます。日本在住でも情報収集や求職をすることは可能です
ビジネス

転職

シンガポール人にとって転職は一般的で、会社を変えることでキャリアアップにつなげています。日本人駐在員がシンガポール定住を希望して、転職するケースも多く見られます
ビジネス

給与 ボーナス

企業の業績にもよりますがボーナスは基本給の1~2カ月分程度が目安。そのほかに「13カ月目のサラリー」とも呼ばれる「AWS」という1カ月分の手当ても一般的です
ビジネス

会計・監査

シンガポールで設立された法人は、設立後3カ月以内に会計監査人を任命することが義務付けられています。しかし、売上高の規模などによっては監査免除も受けられます
ビジネス

翻訳・通訳

簡単なビジネスレターの翻訳から、高度な技術翻訳や会議での同時通訳まで、シンガポールでは幅広い翻訳・通訳サービスが気軽に利用できます。多言語への対応が可能です
ビジネス

知的財産権

シンガポールは過去10年にわたり、知的財産(IP)権に関する環境が優れた国のトップ5にランキングされており、アジアを代表する「IPハブ」として広く認知されています
ビジネス

個人情報 保護法

個人情報に関する取り扱いには、シンガポールでも細心の注意が必要です。2014年に個人情報保護法が施行されており、これを十分に理解して厳守することが求められます
ビジネス

PIC (Productivity & Innovation Credit)

作業の自動化や社内教育、知的財産権の取得など、企業の生産性を高めるための投資を奨励することを目的に設けられた優遇税制。最大で400%の所得控除が認められています
ビジネス

ITシステム構築

シンガポールでも複数の日系企業が、社内ネットワークの設計から各種OA機器の手配、施工後の運用保守まで、企業向けのITシステム構築サービスを提供しています
ビジネス

コピー機

通常のコピーだけでなく、ファックスやスキャニング、デジタルデータのストレージなどの機能を備えた複合機は、保守契約を含んだリースでの利用がおすすめです
ビジネス

リース

社用車や機械設備などをリースする場合、購入に比べて初期費用が低額で済むメリットがるほか、メンテナンス費用や保険などの諸手続きも込みなので手間もかかりません
ビジネス

D&D、 企業イベント

Dance & Dinner の略で、年末に各企業で開催される懇親パーティーのこと。日本の忘年会のようにただ飲み食いするだけでなく、仮装や出し物など様々な趣向が凝らされます
交通

チャンギ 空港

効率的なチェックインシステムやイミグレーションだけでなく、空港での待ち時間を過ごすための選択肢も豊富に用意されており、世界的にも高く評価されています
交通

タクシー

タクシー料金は日本と比べると非常に安価ですが、利用する時間帯や目的地によって様々な特別料金が加算されるため、あらかじめ料金制度を理解しておくと良いでしょう
交通

バス

シンガポール島内を300を超える路線でくまなくカバーしており、深夜バスも運行しています。ただし車内放送がないため、うまく乗りこなすにはある程度の土地勘が必要です
交通

MRT

都市交通システム「MRT」は、東西線、南北線、北東線、環状線の4路線に加え、ダウンタウン線の一部が運行しており、そのほかにも開発中・計画中の路線が複数あります
交通

EZ link カード

MRTやバスなどの公共交通機関で利用できる非接触式のプリペイドカード。1回1回チケットを購入するよりも、利用料金が2~3割ほど安く設定されていてお得です
交通

運転免許

国際免許証で運転できるのは12カ月まで。シンガポールに12カ月以上滞在する場合は、シンガポールの運転免許証に切り替えるか新規に免許を取得する必要があります
交通

交通ルール

シートベルトの着用、運転中の携帯電話の使用、スピード制限、飲酒運転など、シンガポールの運転免許制度も日本と同じように、交通違反者に対する減点制度があります
交通

レンタカー

シンガポールでは自動車の価格が非常に高く、税金やメンテナンスコストもかかるため、自動車を購入するのではなく、長期間レンタカーを利用するのも選択肢に1つです
交通

ERP

通行料金を自動徴収する「ERP」と呼ばれる門のような形の施設が都心部を中心にシンガポール中に設置されています。通行料は時間や曜日、車種によって細かく決まっています
交通

事故時の 対応 (保険)

万が一事故を起こした場合は、まずは警察へ通報して指示に従うほか、事故発生から24時間以内に保険会社指定の修理工場または政府関連機関に車両を持ち込む必要があります
交通

国境を 越える

隣国マレーシアへは陸路で2本の国境越えルートがあります。自家用車や長距離バスのほか、市街地を走っている乗り合いバスやタクシーで国境を越えることも可能です
交通

旅行フェア

シンガポールの旅行フェアでは、世界各地の観光地がキャンペーンをするほか、旅行代理店がこぞって格安パッケージを販売するため、毎回多くの入場者でにぎわっています
交通

LCC

シンガポールからは東南アジアを中心とした様々な国に格安航空会社の路線がありますが、現在のところ日本行きの直行便はなく、マレーシアや台湾などの経由便になります
交通

フェリー

シンガポールからはインドネシア領のビンタン島やバタム島などにフェリーが運航しており、手軽に行ける観光地として人気があります。国内の小島を巡る遊覧船もあります
交通

サイクリング (パークコネクター)

近年シンガポールではサイクリング熱が高まっており、一般参加型の大会も数多く行われているほか、島内各地にある公園を結ぶサイクリングコースの整備も進められています
ページ上部へ戻る